胡蝶蘭の種類

イエローの胡蝶蘭胡蝶蘭は、純白のイメージが強いかもしれませんが、赤やピンクなどお祝いの席を華やかに彩るものもあります。最近は、海外でも胡蝶蘭が人気となっており、イエローやブルー、パープルなど、色とりどりのものが手に入るようになっています。ミディや大輪などサイズもさまざまで、花弁の大きさが10㎝以上もある豪華なものも少なくありません。社長や理事長などトップの役職に就任された方へ贈る場合の相場は、3万円~10万円程度と言われています。

花弁1本あたりが1万円ほどというのが一般的な相場であり、花の種類や本数、色などでも価格が変わってきます。ミニから大輪まで花の大きさの種類があるため、役職や相手との関係などによって選ぶといいでしょう。豪華に魅せるには3~5本植えのものを選ぶと映えます。また、同じ予算で比較するのであれば、花の本数よりも品質がよく長く楽しむことができるものを選んだ方がいいでしょう。3本立てのものであっても、花の一つ一つが大きく並びが揃っていた李、茎が長く一房に付いている花数が15輪以上あるようなものであれば、他のものに見劣りするどころか、際立って見えます。親しい仲であればカラフルなものもいいでしょうが、格上になればなるほど白を選ぶ方が無難と言えるでしょう。