お祝いを贈るタイミングとマナー

就任祝いなど人事異動のお祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、内示が出たあとではなく、正式に辞令が出たあとが基本となります。就任当日というのがタイミング的には最もインパクトがありますが、間に合わなかった場合には、就任から近い吉日に贈るという方法もあります。人事異動の時期は、一般の方々の送別会なども行われることが多いため、フラワーショップも繁忙期となります。希望する日に配達をして欲しい場合は、できるだけ早目に手配をしておくことが大切です。しかし、早目とは言うものの、前任者がまだ在職しているなかで花が届くのはとても失礼なことになるため、きちんとタイミングを見計らうことも忘れてはいけません。

ウサギプレゼントする胡蝶蘭には宛名書きやメッセージを添えることがあります。特に人事のお祝いの場合は、新しい役職を間違うことは最も失礼にあたります。一般的に社長と呼ぶことが多い役職ですが、現在では、代表取締役や代表執行役社長、CEOなどさまざまな役職名があります。事前の確認を怠らず、正式な役職名で贈るようにしましょう。企業のトップの人事祝いでは、胡蝶蘭に立札を付けるのがマナーです。紙ではなく木札を使うのが正式であり、贈った側の名前と「御祝」などのことばを記入するのが一般的です。